IDOBATA 2

- Skype and text chat to speech tool -

by Yuzuru Jewell(KANAE PROJECT) produced by youwith Jewell 05/19/15

Secondlifeなどのテキストでチャットを保存するソフトのチャット内容を読み上げるツールです。
SkypeのグループチャットをAPIを使わずに読み上げることができるようになりました。
読み上げにはSAPIや棒読みちゃん,AHSのVOICEROID+, Microsoft Speech API / Microsoft Speech Platformを利用することができます。

IDOBATA2

-Skypeのチャットデータの読み出しにはSQLiteを利用しています。
 リリース時の最新版を同梱していますが, SQLite Download Page より最新版がダウンロードできます。

-IDOBATAはSkypeの監視にはAPIを利用していません。Skypeの仕様変更により使えなくなる可能性があります。動作を確認しているのは7.17.85です。

-マイクロソフト は株式会社マイクロソフトの登録商標です。Microsoft Speech Platform の音声ライブラリと言語を追加したい場合には以下よりダウンロードできます。
  Microsoft Speech Platform - Runtime (Version 11)
  Microsoft Speech Platform - Runtime Languages (Version 11)

-棒読みちゃんは以下よりダウンロードできます。
  http://chi.usamimi.info/Program/Application/BouyomiChan/
棒読みちゃんの使い方を確認した上でご利用ください。棒読みちゃんを読み上げにご利用で気に入った方は棒読みちゃんにカンパをお願いいたします。
  404 Fight Not Found。カンパのお願い

-結月ゆかり EX,琴葉 茜・葵はAH-Softwareの商品です。
  AH-Software よりお買い求めください。

IDOBATA 2.20 (12/30/15)

Win 64bit Win 32bit

Virus checked by NOD32 ver.11653.

The Software is provided "AS IS," without a warranty of any kind.
In no case shall the author be liable for any damage or unwanted behavior of any computer hardware and/or software.
No Rental. Customer may not rent or lease the SOFTWARE to someone else.
All title and copyrights in and to the SOFTWARE (including but not limited to all images, photographs, animations, video, audio, music, text, and other information incorporated into the SOFTWARE), the accompanying printed materials, and any copies of the SOFTWARE, are owned by KANAE PROJECT.
The SOFTWARE is protected by copyright laws and international treaty provisions. Accordingly, Customer is required to treat the SOFTWARE like any other copyrighted material, except as otherwise allowed pursuant to this LICENSE and that it may make one copy of the SOFTWARE solely for backup or archive purposes.

Windows 32bit
Windows Vista/7/8/10 64bit/32bit
Microsoft Speech API (5.4 or later) or Microsoft Speech Platform (11 or later)
Windows 64bit
Windows Vista/7/8/10 64bit
Microsoft Speech API (5.4 or later) or Microsoft Speech Platform (11 or later)

インストール

ハードディスクにコピーするだけです。

アンインストール

プログラムの終了を確認して,同じフォルダにある以下のファイルをハードディスクから削除してください。
-"IDOBATA.exe"
-"Dictionary.txt"
-"Setup.ini"
-"Dictionary.txt"
-"sqlite3.dll"
-"WhiteList.txt" / "BlackList.txt"
-"BlackFiles.txt"

IDOBATA2

1) IDOBATA2 をダブルクリックして起動します。
監視するアプリ(例えばSkype)は先に起動していてもかまいません。
2) 読み上げするソフトが動作しているかを確認します。
自動的に起動/終了するオプションもあります。
3) STARTボタンをクリックします。
Skypeのチャットデータベースやチャットファイルのサイズをチェックして,サイズが増えたら中身を調べ,読み上げます。
4) 設定を変更する。
設定を変更する場合には,STOPボタンをクリックしてチャットの監視を停止してからToolボタンをクリックします。
5) 現在の時間を読み上げる。
チャットを監視中にTimeボタンをクリックすると,現在の時間を読み上げます。
6) 終了する場合には,STOPボタンをクリックします。
STOPボタンをクリックすると,監視を終了します。ウインドウの閉じるボタンをクリックしてアプリケーションを終了してください。

Skypeの設定

Watch:
Skypeの読み上げをする場合にONします。
Interval(sec):
Skypeの読み上げをする間隔を指定します。
1-5秒を設定すると10分間チャットがない場合には5秒間隔に自動的に変更されますが,チャットがあると元の設定でチャットを監視します。
Skype Name:
あなたのSkypeの接続名を選択します。
Speak User:
Skypeで読み上げるユーザ名を指定します。
-IDOBATAはSkypeの監視にはAPIを利用していません。Skypeの仕様変更により使えなくなる可能性があります。動作を確認しているのは7.17.85です。

監視するChat Textの設定

Watched Text File:
監視対象となるテキストファイルを指定します。
Path:
監視するテキストファイルを指定します。
チャットファイルがテキストファイルでエンコーディングがShift-JISかUTF-8であれば,読み上げます。
Text Encoding:
監視するテキストファイルのエンコーディング形式をSJISとUTF-8から選択します。
Second Life Viewer:
利用するビュアを 公式ビュア / Firestorm / Firestorm 64bit から選択します。
Avatar Name:
Second Lifeで読み上げに利用するアバター名を選択します。
Watch all chats
ローカルチャットだけでなくIMやグループチャットも読み上げます。
Text Filer:
チャットファイルで読み上げるテキストを加工方法を指定できます。
[YYYY/MM/DD hh:mm]:
上記で始まる日付のヘッダを読み飛ばします。
Second Life Log Format:
日付とディスプレイネームがあるときにはログインネームを読み飛ばします。
None
原文と翻訳の両方を読み上げます。
Original Text
原文を読み上げます。
Translated Text
翻訳の両方を読み上げます。
Speak Name:
Display Name
チャットログにディスプレイネームがある時にはディスプレイネームを読み上げます。
Avatar Name
アバター名を読み上げます。
Custom:
チャットに正規表現で検索をかけて読み飛ばす部分を指定します。
例1: Second Lifeで時刻を読み上げない設定
^\[\d{4}/\d{2}/\d{2} \d{1,2}:\d{2}\]
例2: Second Lifeで時刻とユーザを読み上げない設定
^\[\d{4}/\d{2}/\d{2} \d{1,2}:\d{2}\].*?\:
Thank you, MartinRJ Fayray.

読み上げソフトの設定

Speech Device:
読み上げをするソフトを選択できます。
Volume:
マイクロソフトのSAPIを選択した時,読み上げの音量を指定できます。
Rate:
マイクロソフトのSAPIを選択した時,読み上げのスピードを指定できます。
Auto Start Speech Application
棒読みちゃんやVOICEROID+を選択した時,IDOBATAが起動すると自動的に読み上げソフトを起動します。
棒読みちゃんは0.1.11.0 beta12~beta16で動作します。
Auto Close Speech Application
棒読みちゃんやVOICEROID+を選択した時,IDOBATAが終了すると自動的に読み上げソフトを終了します。
棒読みちゃんはbeta12~beta16で動作します。
Bouyomi Path:
棒読みちゃんを選択した時,棒読みちゃんを起動する時に指定するBouyomi.exeの場所を指定できます。
Time Signal:
時報を読み上げる間隔を指定できます。
Audio Out:
マイクロソフトのSAPIを選択した時,音声の出力先を指定できます。

これらのファイルはIDOBATA.exeと同じフォルダにおいて利用してください。

Dictonary.txt
チャットを文字変換して読み上げソフトに渡します。
置換元文字列には正規表現が利用できます。
フォーマット 文字エンコード: UTF-8
# KANAE PROJECT IDOBATA Dictionary Format V 1.0
置換元文字列 TAB 置換元文字列
置換元文字列 TAB 置換元文字列
置換元文字列 TAB 置換元文字列
・・・
Dictonary.txtの学習と忘却
チャット本文でDictonary.txtに置換項目の追加(更新)と削除ができます。
学習(単語=読み) ・・・単語を読みに置き換えます。既に登録されている時には更新します。
忘却(単語) ・・・単語を削除します。
WhiteList.txt / BlackList.txt
 セカンドライフログを指定した時に,読むユーザまたは読まないユーザを設定できます。
 WhiteList.txtで読むユーザを,BlackList.txtで読まないユーザを指定します。
 どちらか一方しか利用することができません。
 両方のファイルがある場合には,WhiteListを優先します。
 ユーザネームは,半角英数文字で書きます。
フォーマット 文字エンコード: UTF-8
# KANAE PROJECT IDOBATA User List Format V 1.0
ユーザ ネーム1
ユーザ ネーム2
ユーザ ネーム3
・・・
BlackFiles.txt
 セカンドライフログを指定し,Watch all chatsをチェックした時に,読まないファイルを設定できます。
 BlackFiles.txtで指定します。
 ファイル名のみを指定します。パスは書くことができません。
拡張子は書きません。自動的に.txtが追加されます。例:test.txtを指定する場合 -> test
フォーマット 文字エンコード: UTF-8
# KANAE PROJECT IDOBATA File List Format V 1.0
ファイル名1
ファイル名2
ファイル名3
・・・

棒読みちゃんをIDOBATAで利用する際には以下の設定が必要です。IDOBATAで読み上げる内容が表示されているのに棒読みちゃんが読み上げない場合にご確認をお願いします。

棒読みちゃんを起動し,設定を開きます。

以下のように棒読みちゃんの設定で,Socket通信をTrueに設定し,ポート番号を50001に設定します。

12/30/15 IDOBATA 2.20
- UIデザインをWindows10に変更しました。 - Skypeチャットで出力されるタグをより読まないように変更しました。
- Skypeチャットの監視時間を1秒間隔にまで設定できるようにしました。1-5秒を設定すると10分間チャットがない場合には5秒間隔に自動的に変更されますが,チャットがあると元の設定でチャットを監視します。
05/19/15 IDOBATA 2.15
- チャットファイルフォルダの全てのチャットファアイルを指定した時に読み飛ばすファイルをBlackFiles.txtで指定できます。
- SAPIのボイスを選択した時に出力先を指定できるようになりました。
01/27/15 IDOBATA 2.14
-Skypeの読み上げ機能を追加
-マイクロソフトのSAPIによる読み上げ機能を追加
-AH-SoftwareのVOICEROID+による読み上げ機能を追加
-時報の読み上げ機能を追加
-SecondlifeのグループチャットとIMの読み上げ機能を追加
08/29/13 IDOBATA 1.5
-ファーストリリース

Thanks to KJ Georgette for help with this Readme file.

Microsoft is a registered trademark of Microsoft Corporation in the United States and other countries.